🚞カフェ ピョンヤン@ウラジオストク🚞《ウラジオストク慰安旅行🐸》

f:id:xingtsi:20180124000158p:plain

f:id:xingtsi:20180124000246p:plain

f:id:xingtsi:20180124000250p:plain

f:id:xingtsi:20180124000256p:plain

f:id:xingtsi:20180124000259p:plain

【2017.12.31】《ウラジオストク慰安旅行》

宿で朝ごはんをいただいてから。

雪の中でかけます。

大晦日は雪模様となりました。

ウラジオストク駅は小さな半島の付け根にあります。町のセントラルは半島の方ではないので、今日は半島の先端に向けてでかけます。

しかも歩いて(笑)

見下ろす位置に船が停泊しているので、万景峰号などを探しながら。…見つかりませんでしたが。

街中から少し離れると、昔の木造のアパートなどもあらわれます。しかも現役も!おされ!

てな今年ながら、やっとたどり着いたのはカフェ ピョンヤン。

ホテルの一階にある北朝鮮レストランです。

店の前には、それっぽい石像もありわかりやすい。隣はキタイスキーのカフェ(中国料理店 です。

店内に入るにはドアを3つもくぐります。

店に入ると意外に狭い。テーブル6こくらいかな?すぐに見渡せる広さ。

ぼちぼちお客さんがいますね。

店員さんは一人以外女性。スーツの方と、民族衣装の方といます。めちゃめちゃかわいーとかきれいなわけではないですな。素朴な感じ。とくにうちのテーブルについた人は新米さんぽい。

お客さんはほとんど朝鮮半島の方々。一組が日本人て感じ。

さてオーダーは。マッコリと韓国のビール。それからモルス。ろしあだからモルスはありました。

それとピョンヤン冷麺(辛味プラスのもの)、鴨のチゲ。

キムチ盛り合わせ。

マッコリは小さい方を頼んだつもりが、多分大きいやつできた。超でかいジョッキ。運動不足だから持つのがつらい。

さらにこのマッコリ、全然アルコールを感じなかったけど、そういうマッコリもある??

キムチの前に、オカズたちが出てくる。これも韓国と同じだね。忘れてたよ。キムチ頼まなきゃ良かった。キムチ。けっこうボリュームある。酸味が強いタイプだな。

さて、お待ちかねピョンヤン冷麺。北朝鮮の冷麺はあっさりだと聞いてましたがいかに。

実食すると、ほんとあっさり。さっぱり薄味。どちらの方向にも薄味。

なんの味もつけてないトコロテンみたい。

酢を大量投入していただきました。

で、チゲ。こちらもけっこうあっさり。食べやすい。スープとしてごくごくいける感じかなあ。おかずじゃなくて。飲んだ後とか良さそう。

店内を見回してみましたが、指導者の写真とかは飾ってませんでした。

バックヤードに飾ってあるんだろうね。

店員さんに

「ショート パジャールスタ」

とお願いしたらいまいち通じなかった。と思ったら奥の席で「ショートパジャールスタは…」とロシア語のレッスンしながらだった(^^;まだほんとにロシアに来てから日が浅いのだね。

何語で会話したらよいのかわからないお店でした(笑)他の北朝鮮レストランも行ってみたいなあ。

☆カフェ ピョンヤン☆

Pyeongyang Restaurant

住所:Verkhneportovaya 68V. Vladiostok