💖FILLET house@baku《けろりすたん帰省旅》💖

f:id:xingtsi:20171026084144p:plain

f:id:xingtsi:20171026084150p:plain

f:id:xingtsi:20171026084154p:plain

f:id:xingtsi:20171026084200p:plain

f:id:xingtsi:20171026084204p:plain

【2017.10.3】

カーペットミュージアムを満喫してから。

ランチをしに行きました。

外国と言えばお肉?!豪快なやつ?!

という単純思考で、お肉やさんに行きました。

カスピ海沿いをバスでしばらく行きます。Googleマップでバスの番号とルートが出るのはほんとに楽ですね!

途中、F-1の市街地コースを通ります。

ここバクーは2016年、2017年と市街地でF-1が開催されました。三ヶ月ほど前に開催されたようですが、コースの名残は残ってました。

多分海沿いを通ったとこはホームストレートかな?と思いますが短いなあ。

で、目当てのFILLEThouseさん。

ビルの半地下にあります。

お客さんの入りは少しだけ。ビジネスランチは無いのかな?

さてオーダー!

まずは飲み物。

ワインはやはりボトルがほとんど。赤と白とグラスがあるそう。

というか、グラス一杯サイズのミニボトルがありますよってことらしい。

あとはコーラ。

食べ物は割りと決まってる!

肉類!(笑)

お肉は450gram!

トッピングでチーズや、ハーブなど色々ありますが、どのお味のお肉を選んでも一律料金(^^;

なので、フルーツと焼いたものにしました。

あとは、これ!チョウザメ!

ちがいは卵がキャビアとして有名ですが、焼いて食べるのはあまり聞かないですよね。

カスピ海かチョウザメとれるとこだったので、ここら辺は焼いて食べるもメジャーみたい。

これはストレートな塩味で注文しました。

肉もチョウザメもボリュームもありますが、3500円くらいはします。高級店ですね!

まず、パンの盛り合わせが来ます。

ペラペラでカリカリのものから、色々入ってるバスケット。この国ではパンというとこんな感じで来ます。バターなどはありません。

で、肉が来ました!

焼き方は聞かれたのでミディアムにしましたが、ほぼレアよりですね。生々しいのがよい!

厚切り肉は真ん中に切れ目が入っており、くだものが挟まって焼かれてます。

うまし!!

肉、超やわらかい!脂の塊とか筋とか全然無いし!

うますぎる!

果物とも超合う!

チョウザメも450gramなのででかい!

味は少々大味な白身魚。しかしあっさりで脂くどくない。うまし。

ソースも二種ずつついているが、肉と魚では付いてるソースが違う。

プルーンかな?のソースが気に入った。

付け合わせも実は山盛りだ(笑)ピクルスに野菜に…

二人で900gramというボリュームだったか美味しかったのでさくりと食べてしまった(笑)

いやー、美味しかった!

こちらにしては高いけど、日本で食べるならこんなボリュームのお肉なかなか注文しないからな!しかも柔らかくてうまいやつ!

満足しました!

こちらの店員さんも、ロシア語と英語対応でした。メニューも三か国語。

ニコニコというわけではありませんが、よくこちらに目を配っていたと思います。

トイレどこですか?!⬅️ピンチだった。

と聞いたら、

そこ。

と言いながらドアをノー笑顔で開けてくれました。

笑うことは私は逃がしなので、ノー笑顔問題ないっす。

☆FILLET house☆

145 Neftçilər Prospekti, Bakı, アゼルバイジャン