🇫🇯木造の家🇫🇯【結婚式にお呼ばれヤクーツク】

f:id:xingtsi:20180905013246p:plain

f:id:xingtsi:20180905013249p:plain

f:id:xingtsi:20180905013252p:plain

【2018.8.12】

ヤクーツクは今はほぼアパートが多いが。たまに木造の家も残っている。

まだ現役のものもあるが、永久凍土の地面に影響され歪んで廃墟になってるものも多い。

大層に味がある。

昔はこのような木造ばかりだったに違いない。

大国屋光太夫という人がいた。江戸時代の船乗りだ。

彼は静岡沖で嵐にあい、最終的にアリューシャン列島まで流された。アリューシャン列島はロシアのカムチャッカとアラスカの間に点在する島。

またえらいとこまで流されたものだ(笑)

そこて四年過ごしてロシア語覚える←すげー!

ロシア人と共に舟を作り、島を脱出!

カムチャッカ、ヤクーツク、イルクーツクなとを経て首都へ。

首都でエカテリーナに謁見し、帰国の許可を得て日本に帰国したのは遭難から10年後。すげー。

この時代にヤクーツクを通った大国屋光太夫。日本人で初めてヤクーツク行ったんじゃないの?

見たのは極寒の中建ち並ぶ木造のこんな建物だったのかな?

と思いをはせてみる。

ソ連アパートもいいんだが、これもいいなあ。