🍺けろりすたん帰省旅総括🍺

さて。

9月30日から10月15日までのけろりすたん帰省旅総括です。

ロシア→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→ナゴルノカラバフ→アルメニア

とまわってきました。

国ごとに感想を。

ロシアはモスクワ。

モスクワは二回目。今回はほんの数時間でしたが、前回のである程度土地勘があったのでスムースに移動。目的を達成できました。

そしてロシアは文句なくよい(笑)

アゼルバイジャン。

バクーとシェキのみの滞在でしたが、ストレスありませんでした。何より人が親切だし感じよいです。

ご飯もうまいし、きれいなとこもダークなとこもあり楽しいし、交通のストレスも一番少なかったです。今回唯一のイスラム圏でした。私は多分イスラム圏とロシア語圏が好きです。

英語もロシア語も通じましたが主にはロシア語の雰囲気でした。

ジョージア。

前評判がよすぎたのもありますが…感想は、え?!なんでみんなここ好きなの?!てかアゼルバイジャンに帰りたい(涙)でした。

ジョージアに入った瞬間からあー、なんか好きじゃないかもーでしたが、トビリシでそれは確定。市場と温泉以外は二度と行きたくないですね。あ、郊外はよかったですよ。

とにかくガラが悪く、廃墟だらけで、道は穴だらけ、タバコ臭く、人種差別の国でした。

アルメニア

歩道が、町がとてもきれい!がエレバンの印象。設計したタマニャンさんすげー!歩道は一番きれいでした。ピンクの石の建物がとてもきれいでした。

人はめちゃめちゃフレンドリーではないですが、関われば親切です。お店でもかなりサービス精神があったように思われます。

ナゴルノカラバフ

短期間しかいれませんでしたが、ここは再訪したいとこナンバーワンかもしれません。

タマニャンさん作のコンパクトな町。親切な人々。そして温泉!もっと長く滞在したかった!!

ジョージアの分をここにまわしたかった!!

ここの国もずっとあるとは思えない。ビザは吉なものになるかもしれません。

ちなみに、再訪したい順は、ナゴルノカラバフ→アゼルバイジャン→アルメニア→ジョージアです。

んなこんなで、けろりすたん帰省旅。けろりすたんは多分ナゴルノカラバフにあったのだと思います(笑)あ、ナゴルノカラバフは今はアルツァフ共和国が正式銘じです。飛行場が直されて早く飛行機で行けるようになるといいなあ。

けろやまさんのふるさとを、以前テキトーにコーカサスに決めたために実行された今回の旅行。

隣り合うのに全く違う三国プラス1国。陸続きの国の辛さや強さを知った旅でした。

カスピ海や、コーカサス山脈など今回も社会で習ったとこが見れたしね。

楽しかった。

もう酒はいらなかったけど(笑)

連れていってくれた夫氏に感謝です。ありがとう。

ついしん。

トビリシは嫌いだが、トビリシの市場の立ち飲みは、また行きたいなー。おじさん、そのときまで元気でいてね!