🥪夕食@ロボゼロ🥪【最北マック行くよ🐸】

f:id:xingtsi:20190523231624p:plain

f:id:xingtsi:20190523231628p:plain

【2019.4.29】【最北マック行くよ】

フィッシングから戻ったらしばしのフリータイム。

湖畔でムックリしたり、だらだらと過ごすと夕食になりました。

いいのです。これくらいだらだらで。

あまりつまりすぎるツアーは疲れるのですよ。

夕食はハンバーグでした!

なんのお肉のハンバーグかな?鳥系だと思うのですがわからず。

塩味ベースです。あっさり。

付け合わせはご飯。日本のと違いさらさらな感じですね。スープで炊いたのかな??

あとはサラダ。

それとパン!ベリーのパンです。

黄色のベリー。木苺風味でうまい!

ブルーベリーかな?ってパンも。うまし。

ふつうのパンもちなみにあります‥

ふつうのパンや、ベリーの甘いパンは基本食卓に置きっぱで誰かが食べたりまた次の日に出たりします。

夜中もここは開けてあるので、お腹へったらお茶淹れてパン食べることも可能です。が、なかなかお腹減らないけど(笑)

🌭フィッシング@ロボゼロ🌭【最北マック行くよ🐸】

f:id:xingtsi:20190523190126p:plain

f:id:xingtsi:20190523190129p:plain

f:id:xingtsi:20190523190132p:plain

f:id:xingtsi:20190523190135p:plain

f:id:xingtsi:20190523190139p:plain

【2019.4.29】【最北マック行くよ】

ヤギと戯れたあとは。

フィッシングへ行きます。

ヴィクトルと、暖炉の精とおじいちゃんと、あと知らないおじさんと橇に乗り引かれていきます。

やってきたのは湖のど真ん中の氷の上。

氷に大きな穴がああていて、長い網が仕掛けてありました。

網の端は50メートルくらい先にやはり氷に穴があけてあり、そこからたぐれるようになってるよう。

フィッシングといっても、釣りざおで魚釣りをするわけではなく、ヴィクトルと暖炉の精が網をひいたりするのを見学するのみ。

都会の人の心わかってるう!(笑)

このくそ寒い中!わざわざ生臭い思いして網をあげるとかしたくない!

ばかばか採れるのを見るだけでいいのよ!

そう。

かなり採れました。

次々と網にかかってるのが引き上げられます。

ほとんどがフナみたいな形のもの。

たまに細長い大きいのがかかってました。

この細長いなのはランチにたべたやつと同じ種類かなあ?

とにかく大量です。

網ひとつで20匹弱とれました。

終わったらまた網を仕掛けて完了です。

数日後にまた取りに来るのかな?

我々は写真撮ってただけでした(笑)

🍕よしの庵@奈良県🍕

f:id:xingtsi:20190523165106p:plain

f:id:xingtsi:20190523165109p:plain

f:id:xingtsi:20190523165112p:plain

f:id:xingtsi:20190523165115p:plain

f:id:xingtsi:20190523165119p:plain

【2019.5.19】

次は温泉!

の前に、おひるご飯です。

温泉への道なりでテキトーに選びました。

これがまた山奥の集落へむかうし

山奥の集落の端にぽつりとあるお蕎麦屋さんでした!

立派な民家です。立派な民家としか言いようがない。それをまるごと利用してます。

テキトーに来ましたが、ミシュラン掲載店らしい。ミシュラン掲載店とか初めて来たよ!!

なので、基本人気で、お昼には売り切れてしまうことも多いらしい。なので、確実なのは予約と。

そんなの知らずにふらりと来てしまったよ!!

でも、すぐに入れました!良かったー!

中は、農家のようにお部屋のしきりを外して大きなひとつのスペースで使ってます。

座席は様々。

ちゃぶ台もあれば、テーブルもあり。座椅子のお席も。不規則に配置されてます。

我々が通されたのはストーブのある部屋。席向かい合わせではなくは裏庭を眺める方向に並んで座ります。他が気にならなくてよいね。

オーダーは、天ざる。それとイチオシのセット。お蕎麦とご飯と小鉢、鴨ロースがついてます。

お蕎麦はめちゃめちゃ更級でも田舎でもなくうまし。

そばつゆは甘めかな。

天ぷらもうまい。

あとは、柿の葉寿しならぬ朴葉寿司もついてきました。季節限定とのこと。通常は他のご飯のようです。

大きな柿の葉寿司って感じでした。中身はサーモンとサバ。うまし。

柿の葉寿司より大振りでよいね。

ミシュラン掲載店満喫させていただきました。お高くも無くうまかった。

次は予約していかないといけないかもねー。

☆よしの庵☆

601 Kotsugawa, Higashiyoshino, Yoshino District, Nara 633-2432

🍟橿原神宮@奈良県🍟

f:id:xingtsi:20190522171044p:plain

f:id:xingtsi:20190522171047p:plain

f:id:xingtsi:20190522171050p:plain

【2019.5.19】

目的地の橿原神宮へ。

参拝し、ロボゼロで濡れたあとカリカリになったお札をお返しして、新しいのをいただいて参りました。

ついでに令和初の御朱印も。

今度はピンクの旅行守りです。

参道で骨董市やってたので覗いてみました。

明治の軍装品があればな~と思いましたがなかなかそんなに都合よくいかないね。

なので、茶器セットを買いました。銅製です。重いです。

急須は欠品でしたが、2500円でした。

茶葉入れるものが欲しかったのでよいでしょう。茶托は賊が来たときに投げれば武器になりますね。

桃山古色という商品名らしいです。

ヤフオクで調べましたが、ぼられてはいないよう。

きれいにしてから、活用しよう。

🥓ヤギ@ロボゼロ🥓【最北マック行くよ🐸】

f:id:xingtsi:20190522152832p:plain

f:id:xingtsi:20190522152836p:plain

f:id:xingtsi:20190522152839p:plain

【2019.4.29】【最北マック行くよ】

次のイベント?の告知がされましたが、まだしばらくは時間があるのでヤギとたわむれる。

アンナさんが、乾燥したパンを渡してくれたのでそれをあげる。

ヤギは元気いっぱいだ。

しかも寒いところのだからかふかふか。

この人たちも実用品?なんだろなあ。

どちらが優先かわからないけど、ミルクか肉かを提供して最終的には毛皮になるのだろう。

トナカイの毛皮と違い、ふかふかで柔らかそうだから敷物にはならないかな。

ほんとに自給自足だ。

🍔トナカイ@ロボゼロ🍔【最北マック行くよ🐸】

f:id:xingtsi:20190522133425p:plain

f:id:xingtsi:20190522133428p:plain

f:id:xingtsi:20190522133432p:plain

f:id:xingtsi:20190522133435p:plain

f:id:xingtsi:20190522133439p:plain

【2019.4.29】【最北マック行くよ】

さてー。

おひる食べたら初イベント!(笑)

トナカイを見に行きますよ!

またも、ドナドナ~♪とヴィクトルのスノーモービルに牽かれた橇に乗っていきます。

今度は森に向かうので、雪があまり残っていません。

スノーモービルってパワフルですね!

雪の無い低木の森でもざくざく進んでいきます。

我々はたまに襲いかかる木の枝などをよけながら、橇でまったり。でも左右にめちゃめちゃ傾くので寝れませんな(笑)

森を少し行くと、ヴィクトルが橇をとめ、森に向かい声をかけると走ってきました!トナカイ!

大きな大人のトナカイは地面に挿した杭につけた長い紐をつけられ、ある程度の範囲だけ自由にしてるようです。その範囲の餌がなくなると、杭ごと他の場所へ移動させられると。

子供のトナカイは大人がそこにいるからか逃げないようで、近くの森の中をうろうろしているようでした。

午後に人が来るのは餌タイムだと知ってるので超寄ってきます。

餌はなんかのフードと、カリカリに乾かしたパン。

食い付き良いですねー!私の近くにはあまり寄ってこないけど(笑)

大人のトナカイは繊細というか、神経質な個体が多い気がします。普通のトナカイもこんなでしょうか?でもあまり繊細だと橇引けないか?でも馬も繊細そうだしどうなんだろう。

それとも大人のトナカイは元々野生だったとか?それならわかります。

宿のレストランの内側の大量のトナカイの皮!

どこかに大きな牧場があるか、もしくは野生のトナカイを撃つしかあんなにも賄えないと思います。

しかも食べるから日々供給されてるしな。

帰りがけに、全く離れたとこに一頭だけぽつりと繋がれてる白いトナカイがいました。

この子にも餌をあげますが、私たちは橇で待つようにヴィクトルに言われて大人しく見学。

ヴィクトルは白いトナカイに近づきましたが、トナカイ逃げる!紐があるから暴れる!ヴィクトルが紐をつかみ手繰り寄せると跳ねて暴れる。猛ダッシュして振り切ろうとする。

このトナカイは新人さんで慣れてないのかなあ?

最後には餌を食べましたが闘牛みたいでしたよ[emoji:331]

🥩三笠@奈良県🥩

f:id:xingtsi:20190522080559j:plain

f:id:xingtsi:20190522080602j:plain

f:id:xingtsi:20190522080605j:plain

f:id:xingtsi:20190522080608j:plain

f:id:xingtsi:20190522080610j:plain

【2019.5.19】

土曜日。

ロシアのロボゼロで凍った湖に落ち。

まあ生還はしましたが、けろやまさんはポケットの中でけろやまさんとスマホは冷水でずぶぬれに。

けろやまさんの旅のお守りもずぶぬれに。

このお守りのおかげで、けろやまさんとスマホと私は聖なる湖から生還できたに違いない!

なので、お守りをかえして再度いただきにいくことに。

まずは朝御飯!

奈良ホテルのメインダイニング三笠に茶粥を求めて行ってみました。

奈良ホテルは初めて行きましたが、明治後期にできた建物なんですね!

外は木造二階建て。瓦葺きだ。意外な和風建築。

室内は洋風。カーペットが敷かれてる廊下。

窓から見える庭はなんだか和風で、明治!って感じな和洋折衷。

メインダイニングは廊下の突き当たりにありました。

天井が高い!!

明治村!って感じですね。さすが迎賓館の役割してただけあります。

窓のそとには鹿がいる‥

案内するのに少しまたされましたが、メニューに合わせたテーブルセッティングしてるんですね。

茶粥定食か、洋風の朝御飯かどちらか。

もちろん二人して茶粥にしましたよ。

茶粥のセットは‥もちろんまず茶粥。ここの茶粥は緑茶の茶粥でうっすら緑でした。

焼き魚。この日は鮭。

卵焼き。

小鉢。

漬物。

お味噌汁でした。

茶粥!!

うまい!

癒される~

そのままでも全然いけるし、テーブルの上の塩昆布や梅干しをいれてもよい。

ほうじ茶の茶粥よりあっさりした感じかな。緑茶の茶粥。

しょっちゅうは食べれないが、また食べたいなあ。

☆三笠☆

〒630-8301 Nara, Takabatakecho, 1096 奈良ホテル 本館 1F