🍯ひとつぶの葡萄@勝沼市🍯

f:id:xingtsi:20190624152857j:plain

f:id:xingtsi:20190624152900j:plain

f:id:xingtsi:20190624152903j:plain

f:id:xingtsi:20190624152906j:plain

f:id:xingtsi:20190624152909j:plain

【2019.6.2】

大洗の宿をチェックアウトして。

朝からダッシュで山梨は勝沼へ!

いやー、圏央道あんなに利用したの今回初めてだよ!乗ったことすらなかったかもしれん(笑)

そして、勝沼滞在も初めて!

今回は勝沼の少し斜面を登ったところにある見晴らしのよい宿、ひとつぶの葡萄さんという民宿です。

葡萄畑の中に点在する住宅地のひとつにありました。

まさに普通の洋風の民家に見えます。女性が一人でやってらっしゃいました。

この日は平日だったので、我々だけがお客さん。静かですね。

お風呂などは空いてたらかじき方式です。普通の民家のお風呂でした。

24時間入れます。

お部屋も洋風。ベッドです。窓からは葡萄畑がすぐそこに。

こちらは二食つきなので、夕食は二階の食事スペースでいただきます。

まずは、地方的にやはりワイン。

生ワインだそう。地域でお金をだしあいワインを作ってできたワインを一年分として訳会うの出そうな。毎日の晩酌にも使うしお葬式などあったら、そこでも日本酒でなくこのワインを飲むそう。足りなくなったら近所で融通しあったりもするそうだ。

サイズは一升瓶。でかい。

食事もワインにあえ物をと考えて下さってます。

まずは前菜。揚げた海老や黒豆にクリームチーズなどつまみな品々。

別にモッツァレラチーズとトマトやベリーなどのオリーブオイルあえもありました。塩味でうまし。

パプリカの肉チーズ焼に白身魚とムール貝のキノコソース。ローストポークかな?ポン酢っぽいソースが食べやすい。

〆はほうとう!山梨!って感じでよいですね!醤油のあっさりほうとうでした!

かなりのボリュームでしたねー!ほうとうが少し食べきれなかったくらい。

お酒はガブガブ飲めるご飯の量ではありませんでした[emoji:331]

しかしうまかった!

朝ごはんも同じスペースですが、二階のベランダでも食べれます。

もちろんこの日はお天気が良かったのでベランダへ!勝沼が一望できますな。

あさごはんも洋風。がっつりいただきました。

これで一泊一人5700円かな?信じられん安さ!!ワイン代金いれても13000円と少しですよ。二人で。

これは勝沼に来るときは再訪間違いないですわー!

★ひとつぶの葡萄★

836-3 Katsunumacho Hishiyama, Koshu, Yamanashi 409-1302