🐓民族博物館@大阪市🐓

f:id:xingtsi:20190401203003j:plain

f:id:xingtsi:20190401203007j:plain

f:id:xingtsi:20190401203019j:plain

f:id:xingtsi:20190401203026j:plain

f:id:xingtsi:20190401203033j:plain

【2019.3.30】

レストランで腹ごしらえしてから。

博物館を見学。

Twitterでアイヌや北方民族の展示があると知ったので行ってみたくなったんですねー。

しかーし!

アイヌや北方民族の展示があるとこまでふつーに回っていくと‥エリアの順に回っていくと最後なんですよ。ほぼ。

めちゃめちゃ足がいたくなった!広い!展示物も割りとぎゅーぎゅー!

いきなり北方民族までワープしたら良かったよ‥

せめて中央アジアまでとかね‥

まあ、全部回ったおかげで人にく食用のフォークが世の中にあると知れたしね。

あとは乙嫁語りでお馴染みの、鷹の頭覆いがありましたよー!かんどー!!

実際に見るとけっこう革がしっかりした作りですね。そしてけっこう小さい。

樺太のニヴフのシャマンもいました!

ニヴフと言えば尾形(笑)風邪治してもらったしね(笑)

日本の展示も、東栄町の花祭りのものや、おしらさまなど興味深いものがぎゅうぎゅうでした。

ですが、この辺りになると体力がf(^_^;

沢山展示物があって良かったのですが、固有名詞がもう少しあるといいなーと思いました。

◯◯する●●みたいな説明は、きちんとあるのですがその国その地方の固有名詞がもっとわかれば面白いのに。書いてあるのももちろんありますが、書いてないものも多い。

ウバユリ団子もオントレプアカムとか、死装束もイサンペシユク とか ライクルシユクとか。

アイヌ語だけでも方言があり外国語ならなおさらなんでしょうが、代表ひとつだけでもいいので。すると親近感がわくよなあ。

まあ、またゆっくり見に来たいですね。閉館時間になってしまったので。

★民族博物館★

10-1 Senribanpakukoen, Suita, Osaka 565-8511