📧義経神社@平取町📧【北海道慰安旅行🐸】

【2018.5.1】

【北海道慰安旅行】

アイヌ文化博物館の後は、近くの義経神社へ。

ここ平取は義経北行伝説で義経が竜飛から渡り、たどり着いたとされる地なんです。衣川で死ななかったバージョンてことですね。

義経は和人の文化なども伝え、アイヌからホンカンカムイと崇められたという伝説が残っています。

そして義経神社もあります。

桜の季節で、境内はほっこりムード。

お参りしようとご本殿に行くと、お祭りをいている様子。

参拝してから見学していると、祝詞を唱えているのは宮司さんじゃないいたい?背広の人です。その後ろにも背広の人が数名。

祝詞を唱えている間は他の人は磐折(頭下げて)聞くのが通常かと思いますが、この方たちは違う。がっつり体を起こし、印まで結んでいます。なんの印かまでは見えなかった。

修験道のようなものでしょうか?

近くに居た神社の女性(神職さんかな?)に聞くと、日本の平和を祈って全国を回ってる方々だと。

祝詞の中で、チンギス・ハーンとか言っちゃってましたよ。さらに大陸まで渡ってる設定なんだね。

いやー、ついつい見学してしまいました。

神社らへんは、鹿やエゾリスなどかたくさんいるとのこと。お花とか食われちゃうらしいです(^^;

桜が少しピンクですね?と聞いたら、エゾサクラだそう。ソメイヨシノよりだいぶピンク。

かわいらしい。

★義経神社★

〒055-0107 北海道沙流郡平取町本町119−1