🍗shush@nagornokarabakh《けろりすたん帰省旅》🍗

f:id:xingtsi:20171211203319p:plain

f:id:xingtsi:20171211203329p:plain

f:id:xingtsi:20171211203337p:plain

f:id:xingtsi:20171211203342p:plain

f:id:xingtsi:20171211203348p:plain

【2017.10.12】

首都ナゴルノカラバフから車で30分くらい。

南周りルートの途中にあります。

各町は街道から少し入りますが、入るとこに看板があることが多くわかりやすいです。Googleマップがあるしね、かろうじて(笑)

ここシュシは、ナゴルノカラバフ戦争の際、激戦区になった土地です。アゼルバイジャン人が多く住んでいた土地だそう。なのでモスクもありました、が。

アゼルバイジャン人は追い出され、モスクは破壊されました。ちなみにアルメニアはキリスト教、アゼルバイジャンはイスラム教です。

シュシのまちにはこの破壊されたモスクを見に来ました。

町はメイン通りがひとつ。

両サイドにソ連式のアパートがまばらに。商店もまばらに、という小さい町でした。

モスクはすぐに見つかりました。

ミナレットがありますからね。見つけやすい。近くにもうひとつミナレットが見えました。

車を止めてなかを見学。

外見は装飾などはぼろぼろですがなんとか形は保っています。入り口には工事の人たちがいましたが、見てもいい?とロシア語で聴くと、見学してもよいと行ってくれました。

モスクのなかは荒れに荒れていました。

完全に破壊されています。コンクリートがむき出し。今は資材が床にたくさん置かれています。

ここのモスクの名前は Yukhari Govhar Agha Mosqueというそう。

帰国してから調べましたが、いまここは修復中だそう。アルメニアはキリスト教。どうやってモスクの修復をするのかなあ?と思っていましたが、イランだかイラクだかから技術者を呼んで修復しているそう。それなら納得。

モスクの近くに完全にぼこぼこになった建物がありました。越えも戦争で破壊されたのかな....

近くのソ連アパートがすてきでした。ソ連アパートいいよなあ。

Yukhari Govhar Agha Mosque