🐱バラカン→国境《けろりすたん帰省旅》🐱

f:id:xingtsi:20171115214004p:plain

f:id:xingtsi:20171115214008p:plain

f:id:xingtsi:20171115214013p:plain

f:id:xingtsi:20171115214017p:plain

f:id:xingtsi:20171115214025p:plain

【2017.10.6】

バラカンのMMoilでバスを降り。

考える暇もなくタクシーに声をかけられます。

国境まで西洋人のバックパッカーと相乗りしていくことにしました。

一人5マナト。300円くらい?まあこんなもんでしょ。

またソ連クラシカルな車でゴーです。

町から出ると、すぐに砂利道になりました。

ゆったりと郊外へむかいます。まあ、道がとんでもなくてスピードだせないんだろうけど。

ロシア語とアゼルバイジャン語しか話せないドライバーのおっさん、英語しか話せない西洋人に、

バクーは良かったか?

などと果敢に話しかけます。

バックパッカーも相手は英語がわからないのに、

バクー良かったよー

的な語ります。

つぇぇな…みんな…あれでいいのか…って感じ[emoji:B5C]

30分弱かな?ゆっくり走って。

突如大きな門に到着しました。

アゼルバイジャンとお隣ジョージアの国境です。

いいじゃん、やるじゃん、アゼルバイジャン♪

ともこれでお別れですな。

ありがとう!アゼルバイジャン!