👌シルバンシャー宮殿@baku《けろりすたん帰省旅》👌

f:id:xingtsi:20171022232425p:plain

f:id:xingtsi:20171022232429p:plain

f:id:xingtsi:20171022232434p:plain

f:id:xingtsi:20171022232439p:plain

f:id:xingtsi:20171022232443p:plain

【2017.10.2】

乙女の塔を出ると雨が強くなってきました。

傘をさして、次の観光地であるシルバンシャー宮殿へ。こちらも旧市街の中にあるので割りと近いです。

雨でもこちらの人肌なかなか傘をさしません。風が強いからかなあと推測。

しかし、これくらい本降りになれば皆さんさしてますな。

シルバンシャー宮殿もカッサで券を買ってから入場。先ほど使ったロシア語でいけました。

ここもクレカ使用オーケー。

かっぱ着てうろついてるお巡りさんが、またも券をちぎってくれます。

どの人がもぎりかわからないよ(^^;

こちらシルバンシャー宮殿は、シルバンシャー朝というところが仕切ってた頃の宮殿とのこと。9世紀~16世紀らしいのでけっこう長いですね。

こちらも石造りの立派な建物です。

中は当時の絨毯や、武器にアイテム。また歴史展示などをしています。

コーラン勉強する台などもありました。

アゼルバイジャンはムスリムの国ですもんね。あまりバリバリの服装してる人がいないし、お酒も飲めるから忘れがちになりますが。

建物から出ると、階段を降りて下のフロアも見学できます。

その途中に!ありました!

毎度おなじみ?!変身写真タイム!(笑)

民族衣装を着させてくれるとこです。金額は写真の枚数によりだそう。一枚にしました。高いし(笑)

洋服は上から被るだけの簡易的なもの。夫氏など、パンツはそのまま(笑)

しかも、

パンツはフォトショで修正するから大丈夫だよ☆

と身も蓋もないぜ(笑)

しかし、ポーズ決めてくれるし色々アイテム持たせて撮ってくれます。さくさく終わったし、面白かった(笑)また一枚、変身写真コレクションができました!

あとは、地下の展示を少しずつ見学。

さらに、いくつかある廟もちらり見学。

廟ってのはお墓ですね。

真っ暗な地下に続く階段があったり、真っ暗な二階へ続く階段があったり怖いっす。

ひとつの廟はとても大きく、管理人のおばあちゃんがいました。

入るときに、こんにちは~、ズドラーストビーチェ~(ロシア語)、と挨拶します。

中には棺桶?碑?が並んでいます。

おばちゃんがやってきて、

アゼルバイジャン語は話せる?ロシア語は話せる?

と聞いてきます。…ロシア語で[emoji:B5C]

いいえ、と答えたつもりなのにおばちゃんはマイペースにロシア語で説明を始めました(笑)

あれが王様本人のお墓で。

これが息子、娘、妻、何番目の妻…と多分言ってた模様。家族関係の単語は習ってたからなんとか聞き取れましたが、もちろんむずかしいことはわかりません[emoji:B5C]

おばあさんにお礼を言って廟をあとにしました。

変わらず大雨。

まいるねー。